So-net無料ブログ作成

パイロット 万年筆 カスタム742 フォルカン [stationery]

定価2万円.
初1万円超え万年筆.  

http://www.pilot.co.jp/products/pen/fountain/fountain/custom742/

数年前に例の動画に惹かれてずっと気になっていたもの.
ナミキ ファルコンとかエラボーにしようと思っていたけど, こっちのほうがニブが柔らかいみたいなのでこちらを選択.
そしてさらに743より742の方が柔らかいらしいとそれなりに調べて購入.

ネットで予め調べた感じだと, インクスキップがひどいとか, それなりに当たり外れはあるみたいだけど, うまいこと良品が手元に.
スキップ一切なし.
フローも好調.
コンバータ使わず, パイロット純正BBカートリッジを刺して使用中.
例の動画のような使い方をするとすぐに壊れるらしいので, 筆圧をあまりかけずに, トメハネ意識して書くとたしかに綺麗な字が書けるなあと.
書けるなあというのは書けたわけではなく, 練習すれば書けるようになるんだなあという意味で.
ぶっちゃけこのニブ難しい.
私は筆圧は軽い方のはずだけど, 勝手にかかる.
要練習.
20年ほど前に発売されたものなので今更ここに書くことはなし.

インクについて.
サファリで青墨を使っていて耐水性を重視していたけど, パイロットBBも結構耐水性ある.
書いて乾かして, 紙を水につけると, 確かにインクが浮いて流れていくが, 筆跡にしっかり青色が残る.
ただしじゃぶじゃぶ染料インクなので青墨よりも紙を選ぶ.
それさえクリアすれば青墨じゃなくて, パイロットBBでも良いと思った.

追記
この万年筆を購入したのは去年の暮れ.
年末年始とばたばたしていてほとんど触れなかった.
それが今年入って2月くらいに時間が出てきたのでじっくりいじったけど, ネットでよく言われるように, ずっと書いてるとたまに書き出しの一画目にインクスキップが生じる事に気がついた.
更に調べると, フォルカンのニブは調整が難しいから, どうしても気になるならペンドクターやメーカーに調整を依頼してみるのもいいと聞き, 早速パイロットに相談.
実際に使用しだして一ヶ月程度ならまだ慣らしが終わっていないだろうということと, 筆圧を弱めで使ってみてくれとのアドバイスを頂き, さらに一ヶ月使用.
といっても, 慣らしができるほど字を書かないので, これを期に字の練習もしようと思い, 教本と方眼のノートなどを用意し, あいうえおから練習.
コクヨのB5ノートをちょうど一冊使い終えた頃に, いきなり書き味が変わって, ものすごく気持ちよく書けるようになった.
手が慣れたというのももちろんあるだろうけど, ニブの動きが最初とぜんぜん違う.
インクスキップなども一切なくなり, 左から右上に線を引くときも引っかかりが全くなくなった.
購入から3ヶ月, 実質使用は2ヶ月ほどだけど, こんなものがあるのかと, とても気持ちよく書ける万年筆.
慣らしには最低でも3ヶ月から一年とメーカーの人に言われたので, 今後に更に期待.

でも, ここまで書いておいてそんなこと言うのかって感じだけど, やっぱ普段使いは鉄ニブでガシガシ書いたほうがストレス無くて気楽.
椅子に座らず机においたノートに立った状態で書いたり, 普通にメモを取るような用途では, ボールペンや鉛筆使うほうが早いしメンテナンスもいらない.
というかそんな状態でこれを使ったらニブ壊す.
使用シーンは確かに限定されるし, 字の書き方や持ち方もハード側は吸収してくれないのでこちらで合わすしか無い.
使用する紙質もかなり限定される.
使いにくさをあげればいくらでも出てくるが, それらを超えて愉しめるなら秀逸な万年筆だと思う.

もう1ついうならば, インクの消費がものすごく早い.
CON-70に満タンいれたインクが1日で半分ほどなくなる.
私でこの程度なので, これ1本使う人なら1日保たない人は多いと思う.
LamyサファリのEFで青墨だとここまで減らないから単純に燃費が悪いだけだと思う. 

 

 


パイロット 万年筆 カスタム742 FKK2000RBFA 黒 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

プレラ 色彩逢い カリグラフィ [stationery]

http://www.pilot.co.jp/products/pen/fountain/fountain/prera_iro_ai/

 

写真はあちこちあるので割愛.
色は透明ブルー.
パイロットの純正カートリッジBBを刺して使ってます.
カリグラフィは使ったことないけど, これはおもしろい.
カリグラフィーみたいに確かに書ける.
ニブはステンレスだからカリカリ.
ラミーと比較して, 同価格帯なのに軸とキャップの質感こちらのほうが好き.
時間経つとゆるくなるみたいだけど.

アルファベットを書くとおもしろいんだけど, 日本語でもおもしろい字が書ける.
右下に引いたときに線が太くなるので細かい字は苦手.
手帳等には向かないけどぬるぬる書けて普段使いでも書きやすい. 

 


パイロット 万年筆 プレラ カリグラフィ FPRN-350R-TBCM 透明ブラック 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コクヨ 鉛筆シャープ 0.7mm [stationery]

久々投稿.
最後の投稿がちょうど1年ほど前の2015年9月.
これといって書くこともなく.
ゲームもしてなく.
ネタがないこともなかったのですが.

この間文房具の在庫整理をしていたら0.7mmのシャープペンの芯がでてきました.
シャープペンはクルトガをたまに気が向いたときに使うくらいで, ほとんど使わないのですが, この芯をつかってやろうとかなとなんとなく思いまして.
普通にスーパーで漁ってた所, 最初に手に取ったのがデルガード0.7.
次に手に取ったのが, このコクヨ鉛筆シャープ.
デルガードも前々から気にはなっていたのですが, 今回は三角軸っていうところに惹かれてこっちを買ってみました.

20161010_180038 - コピー.jpg

手触りはラバーっぽい感触.

20161010_180052 - コピー.jpg

さきっちょの鉄の部分は芯をしまうときは, プラの部分まで完全に引っ込みます.

20161010_180108 - コピー.jpg

お尻の部分から芯を入れるのですが, 4本以上いれないでくださいと, 書いてありました.
また,紛失防止のため, キャップはないそうです.
普通に穴が開いてるのでそこに芯を入れるのですが, 軽く抵抗があって, 最後までかちっと押し込むと中に芯が入ります.
振ってもでてきません.

なかなか気にいって最近はこれを使ってるのですが, 多分恐らくこのラバーは時間が立つとねちゃねちゃするもののような気がします.
あと間違いなく, 汚れやすいでしょうね.
ただ単価は安いので汚れたら買い換える感じでしょうか.

以上.


コクヨ 鉛筆シャープ フローズンカラー 0.7mm 青
コクヨ 鉛筆シャープ フローズンカラー 0.7mm 青

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。