So-net無料ブログ作成
検索選択

ハイスクールD×D, 12巻まで読んでみた [novel]

久しくこの手のアニメとか見てなかったし, なんでこの作品に出会ったのか忘れたけど, アニメと小説を見てみました.

あ, 思い出した.
どっかでこれのアニメの二期やるのが決定したとか記事見て知ったんだ.

そう, それでアニメとりあえず1-12話までみてみたらなかなかおもしろかった.
調べたら小説が12巻まで出てると.
試しによんでみると, おもしろい.

アニメは2巻までの内容.
3-12は知らない話だったのでのめり込んで一気に読みきりました.

1-2巻読めばわかるんだけど, アニメが思ってたより丁寧に作られてたなあと.
大体細かい設定とか, はしょって飛ばし飛ばしになりがちなのに.

久々にラノベも読むとエロゲよりおもしろい.
ただ手放しでほめられるわけでもなく, 描写というか文章が痛々しい, ひつこいと感じる部分もありました.
ここらへんどう思うかは個人差だけど, ジャンプのノリだとおもえば問題なし.

11巻辺りでワンパターン化してしまってちょっと飽きてくるけど, 12巻で毛色がちょっと変わる.
あ, ネガティブなこと書いたけど, 一気によめば誰でもダレてくるので.
私の読み方がまずいんだとおもう.

なんだったかな..
マケン姫っ!だ.
こっちはアニメしかみてないけどこれとちょっと似てるかな.
というか似てるように見えてしまう.
ノリはDxDのが自分には面白く感じたかな.
アニメの作りが良かったのかもしれない.

なんかだらだら書いたけどおもしろかった.
もうちょい話に別のベクトルの波があればもっとよかったかも.

読書の秋には早いけどラノベ攻めてみようかなあ.
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

トータル・イクリプスの小説5巻まで読んだ [novel]

テレビでやってるのは見てたんだけどじれったくなって先知りたくなって小説を5巻まで一気に読んでみた.
ちょうどテレビでやってる10話あたりが3巻-4巻.
5巻からハルヒみたいなのが出てくるけど, テレビは2クールだよね.
どう考えても2クールもたない.
4巻の内容ってヘタしたら1,2話でも終わらせられるだろうし.
5巻でひっぱりまくるのも考えられない.
どうするのかなーと思いつつ5巻読み終わったらto be continue.
なんだこれ完結してると思ってたらまだ終わってなかったんだ, と.
え, じゃあテレビはどうするんだろ.
小説より先に見れる?

タケルが来るのが2001年10月22日.
TEはその年の頭から始まって, 4巻が8月, 5巻が9月.
6巻も9月の話になるだろうからタケルが来る前の話だったっぽい.
読む前はオルタの後の話だと思ってた.

5巻でオルタ第四計画の話がちょっとだけでて, 一巻でそういえば鎧衣課長出てきてたかな.
あと横浜の女狐って夕呼先生のことだよね.
オルタ関係はそのくらい.
もちろんアニメではカットされてた.

あ, あとネタバレもなにも一巻の最初の数ページでわかることだけど, イーニャとクリスカってオルタネイティブ第三計画で作られた霞の存在と同じっぽい.
色がどうとかって書いてあったから.

なんしかこれも今後の楽しみの一つになりました.


タグ:マブラヴ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ゼロの使い魔 18, 19, 20巻 狼と香辛料 全16巻(いま5巻の途中) [novel]

長らく積んでいたゼロの使い魔を3冊読みました.
中身も大変おもしろく一気に読めました.
一回切るなら19巻がいいですね.20巻までいってしまうと21が読みたくなります.
20巻のあとがきでみたのですが,22巻で完結予定のようで.
そろそろアニメの方の続編とかないのかな.

狼と香辛料は,アニメはみていたので,読もう読もうと思いつつ今まで放置していてこれも一気読み.
しようと思っていたんだけど4巻の途中で,アルケミ開始して放置中.
これも原作読むとアニメよくできてたなあと.

今月はハルヒが出るんでしたっけ.
これも読んでみたい1つ.
そういえば最後何巻だったか忘れたけどパラレルワールドみたいにちょっとずつ違う話が並行して進んでる状態でしたっけ.
もう1回読み直さないと忘れてるかも.


ゼロの使い魔20 古深淵(いにしえ)の聖地 (MF文庫J)

ゼロの使い魔20 古深淵(いにしえ)の聖地 (MF文庫J)

  • 作者: ヤマグチ ノボル
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2011/02/25
  • メディア: 文庫



狼と香辛料 (電撃文庫)

狼と香辛料 (電撃文庫)

  • 作者: 支倉 凍砂
  • 出版社/メーカー: メディアワークス
  • 発売日: 2006/02
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。